キチジツ

2018/11/30 02:03



工房で手縫いに使っている糸は麻糸に蠟引きを施したものです。
糸の中心まで蠟を染み込ませてあるので擦り切れにくく、粘り強いです。
縫いあげると糸の締まりもよく、光沢もある特製の麻糸です。

この蠟引きにつかう蠟も蜜蠟と松脂をつかい、工房でつくったものです。





蠟引きに使う蠟は、国産の蜜蠟が出回るこの時期に一年分~二年分をまとめて作って置きます。
材料の蜜蝋と松脂を小鍋に入れ、ストーブにかけてゆっくり溶かします。
蜜蠟が多いと粘りがなく、松脂が多いとべたつきます。
これを丁度いいバランスになるよう調整して作っていきます。

ストーブはニッセン(日本船燈)のMW-1。
赤い丸型のタンクにころんとしたほやの丸窓が特徴のかわいいやつです。





鍋の中で次第に溶け始めると、部屋に蜜蠟と松脂の匂いが立ち込めます。
甘いようで煙いような独特の匂い。学校の彫金室を想い出します。





溶けた蠟は気泡が抜けるまで待ち、使いやすいよう型に流して冷まして小さい塊にしておきます。
型は粘りがあっても抜けやすい、シリコン製のチョコレート型を使っています。
ハート型。





蠟引きする際は革の端切れに蠟を包み、これを手にもって麻糸を挟んでこすりつけます。
摩擦熱で蠟が溶ける温度をキープしながら蠟を染み込ませるとともに、糸の表面の余分な毛羽立ちも取り除きます。
あまり長い時間やると手を火傷してしまうので、一日に作れる糸は限られています。





上段が蠟引きの終わった糸。
うまく芯まで蠟が入ると毛羽立ちがなくなって色が濃くなり、透明感のある光沢が出ます。
また蠟を挟んでいる革の色も少し溶け込み、温かみのある色合いに。






こうして一本一本丁寧に仕上げた麻糸を使って手縫いをしております。
ミシンの整ったステッチの美しさとはまた違った、温かみのある風合いが生まれます。